文字サイズ
▼メニュー
らりるれ倶楽部
  HOMEらりるれ倶楽部品目一覧>野菜:いちご

いちご

JA香川県取扱実績(令和元年度実績) ● 生産量:約2,200t ● 生産者数:約330戸 ● 栽培面積:約55ha

いちご香川県のいちごの約95%は地面から離れたところで栽培されています。果実が空中にぶら下がっているため、日光が均一に当たることで、色沢、大きさ、糖度、形状に優れたいちごができます。
このような栽培方法の主役は、香川県オリジナルのいちご養液システム「らくちん栽培」で、平成8年に香川大学、香川県農業試験場、JA香川県が共同で開発しました。腰をかがめず立ったまま作業ができるので、「らくちん栽培」と名付けられました。
主な産地は、高松市、丸亀市、観音寺市、さぬき市、東かがわ市、三豊市、三木町、綾川町、小豆島等です。
令和元年産の品種構成は「さぬきひめ」が約76%、「女峰」が約22%、その他約2%となっています。


【圃場全景】
果実が空中にぶら下がるため清潔で、太陽の光を全身に浴びています。

【収穫風景】
熟した果実を1果実づつ丁寧に摘み取ります。果実には極力手を触れません。

【パック詰め】
清潔な作業場と服装で品質をチェックしてパック詰めします。

【出荷形態】
全身に太陽の光を浴びた「香川のいちご」は瀬戸内の香りを運びます。

いちごはアメリカ大陸原産のバラ科の多年生草本です。栽培種が作出されたのは18世紀のことで、栽培歴史の新しい作物です。わが国へ伝わったのは江戸時代ですが、栽培が行われるようになったのは明治に入ってからです。香川県においては、大正14年、高松市栗林での露地栽培が始まりと言われています。本格的な栽培は、戦後の昭和27〜28年頃からで、当時の栽培様式は露地栽培、石垣栽培でしたが、昭和35年頃からトンネル栽培、その後次第にハウス栽培へ切り替わり、現在に至っています。

<本県主要栽培品種>

「さぬきひめ」は香川県農業試験場において「とちおとめ」「さちのか」、「さがほのか」を素材に交配・選抜された品種で平成17年に品種登録申請し、平成21年に品種登録された香川県オリジナル品種であり、さぬき讃フルーツとして推奨されています。
※さぬきひめという名前は、「香川県=讃岐(さぬき)」で育成されたいちごのイメージと、たくさんの人にかわいがってもらいたいという思いが込められています。なお、正式な品種名は「さぬき姫」と漢字が入りますが、流通段階ではひらがなで「さぬきひめ」と表記されており、主に京阪神および県内市場を中心に出荷されています。
「女峰」は栃木県農業試験場栃木分場において「はるのか」、「ダナー」、「麗紅」を素材に交配・選抜された品種で昭和60年に品種登録されました。生産量は全国のいちご生産量の1%を下回っていますが、そのほとんどが香川県で栽培されています。鮮やかな赤色の果肉と円錐形の美しい果形をしていることから、高級果物専門店やケーキ専門店にも多く卸されており、通常のスーパー等では手に入りにくい希少品となっています。

栄養とおいしい食べ方

いちごには「ビタミンC」や血を作るビタミンといわれている「葉酸」が豊富に含まれており、他にも、「キシリトール」「食物繊維」「カリウム」「ポリフェノール」等、健康効果、美容効果が期待できるたくさんの栄養素が含まれています。積極的に食べてみてはいかがでしょうか。
いちごはさっと水で洗うだけで、そのまま食べられます。先端(果頂部)の方が糖度が高いので、へたの方から食べると口の中に甘味が残り、最後までおいしくいただけます。

<さぬきひめ>

やや丸みを帯びたおむすび型で、まるまるっとした形の愛らしさが特徴で、サイズは大きめです。光沢のある果肉は柔らかな食感で、ひと口食べれば果汁が多くみずみずしい味わいです。糖度が高くさわやかな酸味があり、甘く深みのある豊かな香りが口の中に広がります。

<女峰>

果実は綺麗な円錐形であり、鮮やかな赤色で、カットしても中まで赤く美しい切り口をしています。甘味の中に酸味をしっかり感じられ、深みのある味わいです。生クリームとの相性は抜群で、ケーキやタルトに使うのもおすすめです。

レシピ

ページトップへ戻る

旬カレンダー

いちご

県内産地マップ

県内産地マップ

大川地区いちご部会

1.大川地区いちご部会概要(令和元年度実績)

 (1)部会名 JA香川県大川地区営農センター大川地区いちご部会(平成29年設立)
 (2)部会員数 49名
 (3)栽培面積 5.5ha
 (4)販売金額 277,434,056円
 (5)販売数量 180t

2.詳細

大川地区管内のいちごは香川県東部に位置し、東かがわ市(東讃・大内地区)・さぬき市(四国大川地区)で栽培されている。 いちご栽培は昭和39年から始まり、56年間栽培されている。
現在の栽培品種は香川県育成品種「さぬき姫」を栽培しており、さぬき姫の特徴は鮮やかな赤色と食べると口いっぱいに溢れる果汁と深みのある香りです。
いちごの定番の多くは生食およびお菓子料理の彩・味のアクセントなどに使用されていることが多い。
当部会の取り組みとして、市・JA・部会による販売促進活動、積極的なPR活動、環境に配慮した栽培等をおこなっており、大川地区管内のいちごは阪神市場から一定の評価があることから、今後も需要時期の定番商品として安定的な生産に取り組んでいきます。





三木町地域いちご部会

三木町地域いちご部会は、瀬戸内の温暖で過ごしやすい地域で、『美味い』いちご を目指して生産者36名で栽培しており、栽培面積は合計で9.1ha(出荷量367t)で、品種は、さぬきひめ7.6ha(出荷量321t)、女峰1.4ha(出荷量45t)、その他0.1ha(出荷量1t)となっています。(令和元年度実績)生産者が、まごころ込めて作った『美味い』いちごたちは、主に香川県内、京阪神、京浜方面に出荷しています。



【花芽検鏡】
生産者がサンプル苗を持ち込み、顕微鏡で花芽が咲く準備段階になっているかを確認し、定植時期の予測をしています。

【花芽検鏡】
生産者がサンプル苗を持ち込み、顕微鏡で花芽が咲く準備段階になっているかを確認し、定植時期の予測をしています。

【食味品評会】
いちご生産者、三木町地域女性部フレッシュミズわかば、香川県職員、三木町役場職員、三木町管内のJA職員が集まり、様々な生産者が作った「いちご」を1粒1粒食味し、味や見た目を評価する品評会を開催しました。

【トップセールス】
地元の高松青果株式会社にて、三木町長と一緒に三木町産いちごをPRしました。

【うまいもん出前講座】
いちご部会長が講師となり、地元の小学校にて、子どもたちに「いちご」について知ってもらうための講座を開催しました。


綾歌南部苺部会

生産者戸数 53戸
栽培面積  約9.3ha
出荷数量  約350t
(令和元年度産実績)

綾歌南部管内は香川県のほぼ中央に位置し綾川町内をエリアとする地域です。当地域の苺栽培は昭和44年に苺部会を設立し当時は、「宝交早生」のトンネル栽培を中心にスタートしました。昭和45年には、ビニールハウス栽培を導入し栽培面積も大きく拡大しました。昭和61年には「女峰」が導入され、昭和62年には「女峰」の品質特性の利用と年内早期出荷実現のため、当時としては県下最大規模の共同夜冷施設を導入しました。平成25年から香川県育成品種でもある「さぬき姫」1本化となりました。令和元年に部会設立50年を迎え、綾歌南部苺部会としては「さぬき姫」の品種特性を活かした大玉生産による付加価値販売に取り組んでいます。


ブラウザやネットワーク環境などにより映像が正しく再生されない場合や再生できない場合があります。
画面左下の「再生ボタン」をクリックすると再生できる場合があります。



小豆島いちご部会

小豆島いちご部会HP(外部リンク)


ページトップへ戻る