花き:ヒマワリ sunflower

「ヒマワリ」と聞くと多くの方が自分の背丈より高く大きなヒマワリを想像されますが、香川県内では草丈70cm程度、花の直径は10cm前後の切り花用の小さいヒマワリを約180万本栽培しています。
主な産地は三豊、高松地区で、4月~11月まで長期間にわたり、オレンジ系、レモン系、茶系、八重系など十数種類のヒマワリを継続的に栽培しています。
出荷最盛期は6月で「母の日にカーネーション」のように「父の日にはヒマワリ」をという風習も年々定着しつつあります。

JA香川県取扱実績(平成26年度実績)

生産量179万本
生産者数75戸
栽培面積6.5ha

旬カレンダー

出回り時期最盛期

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

県内産地マップ

三豊市 高松市