野菜:金時ニンジン carrot

温暖な瀬戸内気候で冬期の日射量も多く、多数の園芸品目が栽培されている。
金時ニンジンは米の生産調整から水田を畑地化し、昭和46~49年には飛躍的に増反し、全国流通量の8割程度を占める等全国的に存在感のある産地になっている。
金時ニンジンは、お正月のおせち料理として欠かせない食材として、年末中心に瀬戸内海の温暖な気候のなかで栽培している。
坂出市と観音寺市で栽培された金時ニンジンは、全国流通量の約80%を占めている。

一本一本、大切に抜き取ります。

綺麗に一列に並べ…

葉を切り取り収穫が終わります。

集荷場で一箱一箱、検査をします。

綺麗に箱詰めして出荷です。

金時ニンジンは、セリ科の1~2年生作物で抽台しやすい品種群に属する。ニンジンは中央アジアの原産で、このうち中国北部を中心として、秋作でニンジン臭の少ない東洋ニンジンに発達した。日本へは、中国を経て1700年代に導入された。

JA香川県取扱実績(平成26年度実績)

生産量1,967t
生産者数104戸
栽培面積72ha
JA香川県 オリジナル レシピ集JA香川県 オリジナル レシピ集

旬カレンダー

出回り時期最盛期

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
       

県内産地マップ

観音寺市 三豊市 丸亀市 綾川町 高松市 三木町 さぬき市 東かがわ市 土庄町 小豆島町 豊島