野菜:なばな nabana

気候は温暖で雨が少なく、冬場の日照時間が長い瀬戸内気候である。
なばなは軽量品目であり、小面積での栽培が可能であるため、高齢者、女性を中心に栽培されている。また近年、出荷形態の簡単化により、若手生産者も増加している。
出荷は東北13%、関東62%、近畿16%、中四国9%の割合で10月~5月まで出荷しており、約7割が束の形態となっている。

なばなの花蕾

なばなの圃場風景

なばなの収穫風景

アブラナ科植物の抽苔した花茎、葉、花蕾を野菜として利用するものを苔菜という。なばなは、菜種、油菜、花菜と呼ばれる。香川県では、伏見系の在来なたね、春一番系の洋種なたねが栽培されている。これらなたね類は古い時代に中国大陸から導入されたと推定され、初めは主に菜食用であったが、後に搾油に利用されるようになった。やがて、明治になって、韓国、欧州から洋種なたねが導入され、昭和にはほとんど洋種が用いられるようになった。

JA香川県取扱実績(平成27年度実績)

生産量749t
生産者数996戸
栽培面積111ha
JA香川県 オリジナル レシピ集JA香川県 オリジナル レシピ集

旬カレンダー

出回り時期最盛期

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
      

県内産地マップ

観音寺市 三豊市 丸亀市 綾川町 高松市 三木町 さぬき市 東かがわ市 土庄町 小豆島町 豊島