野菜:たまねぎ onion

麦の代作として導入され、昭和30年代に導入され、栽培面積が急速に伸び、50年には1,190haに達した。
その後、栽培者の高齢化により栽培面積が減少している。
主な産地は、観音寺市、三豊市、善通寺市、丸亀市等である。本県のたまねぎは「みがきたまねぎ」として全国でも高い評価を受け、5~7月の占有率は約1割を占め、11~3月にも「冷蔵たまねぎ」として数多くの市場に出回っている。
主要品種は七宝早生7号、アンサー、もみじ3号など早生から晩生まで地域に合った作型で栽培している。

たまねぎはユリ科の2年生植物であるが、条件により1年目に早期抽苔を起こすことがある。
原産地はインド、中央アジア等といわれ、わが国への導入は、明治4年北海道で試作されたのが最初で、大阪では明治18年に初めて栽培に成功した。北海道では、イエローフローブダンバースが札幌黄となり、大阪では、イエローダンバースが泉州黄となって普及した。

JA香川県取扱実績(平成26年度実績)

生産量4,970t
生産者数約637戸
栽培面積103ha
JA香川県 オリジナル レシピ集JA香川県 オリジナル レシピ集

旬カレンダー

出回り時期最盛期

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
  

県内産地マップ

観音寺市 三豊市 丸亀市 綾川町 高松市 三木町 さぬき市 東かがわ市 土庄町 小豆島町 豊島