野菜:青ネギ green-onion

青ネギは県下全域で栽培されており、高齢者、女性を中心に周年栽培できる軽量品目として導入され、作付は年々増加している。
近年は規模拡大も進み、大型専作農家も出現し、周年出荷体制にシフトしており、県内野菜の主要品目になっている。 出荷は京阪神市場中心に中国、四国市場等へ周年出荷している。
出荷のピークは7~9月となっている。

ネギはユリ科に属する多年生草本で、原生地は中国の西部と推定される。 冬期に生長を停止し、地上部が枯死して休眠する夏ネギ型(ヤグラネギ、加賀系)と、冬期に発育を続け休眠しない冬ネギ型(千住、九条系)のものがあり、品種作型分化の根本となっている。 1993年時点での登録品種数は173品種、その内22品種がF1になっている。
生産物の利用部位の形態によって根深ネギと葉ネギに大別され、葉ネギとしてヤグラネギ系と九条系が主として利用される。

JA香川県取扱実績(平成26年度実績)

生産量2,884t
生産者数530戸
栽培面積232ha
JA香川県 オリジナル レシピ集JA香川県 オリジナル レシピ集

旬カレンダー

出回り時期最盛期

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

県内産地マップ

観音寺市 善通寺市 まんのう町 高松市 三木町 さぬき市 東かがわ市