花き:キク(輪菊) chrysanthemum

昭和25年にペーパーハウスで電照ギクを試作したのが電照ギク栽培の始まりである。徐々に各地で栽培が始まり、作付が増加した。
昭和43年には全国電照ギク主産地協議会を発足し、第1回会議が池田町(現在の小豆島町)で開催された。昭和45年以降、米の生産調整から順調な発展をとげ、昭和50年代には約10haの団地が形成された。
昭和60年以降は生産者の高齢化から栽培面積は減少傾向である。
主な産地は、小豆島町、丸亀市、観音寺市、東かがわ市等である。
主要品種は、白にて「精興の誠」「神馬」「優花」「精の一世」、黄にて「精興黄金」「精興光玉」「黄金浜」、赤にて「美吉野」等である。

JA香川県取扱実績(平成26年度実績)

生産量856万本
生産者数88戸
栽培面積34ha

旬カレンダー

出回り時期最盛期

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

県内産地マップ

観音寺市 丸亀市 東かがわ市 土庄町 小豆島町